食洗機とは

食洗機とは、食器を洗う機械で、外食産業の伸びと共に業務用の食洗機も需要が伸び、大型ではあるが大量に高速で洗浄できる食洗機はなくてはならないものとなっています。

家庭用の食洗機は、実際には食器を洗い乾燥まで行うことから食器洗い乾燥機とも呼ばれ、システムキッチンに組み込まれているものと、卓上のものとに分かれます。

食洗機は1860年にアメリカで開発され、初めは手動式でしたが、1909年には大手企業によって電動式のものが発売されました。

日本では業務用のものが、1960年の東京オリンピックを境に外食店に一気に普及しましたが、同じ年に家庭用の食洗機も日本の電機メーカーによって第一号が発売されました。
しかしサイズの大きさや洗浄力も不十分であったことから、使用には多くの問題があることが取り上げられ普及することはありませんでした。

食洗機が見直されるようになったのは、1996年になってからで、日本のキッチンにも設置できるサイズの食洗機が発売されました。
また、O157が原因での食中毒が流行り、通常の手洗いではできない高温での洗浄やすすぎが、食器の殺菌には非常に高い効果があることから注目され、特に子供のいる家庭での普及が進みました。

また、水を流しながら食器を洗ったりすすいだりする手洗いに比べ、洗剤を溶かしたお湯を溜めて洗浄し、高温高圧のお湯ですすぐ食洗機のほうが節水であり、電気やガスの使用量も少ないことからエコロジーの面でも注目されています。


■TOPIC
最新の食洗機への交換を検討している方に参考になる通販サイトです →→→ 食洗機 交換